趣味やスポーツについて語ろう

マンUの香川「まだ結果が出せていないので悔しさもたくさんある」

マンUの香川「まだ結果が出せていないので悔しさもたくさんある」

マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司が、クラブ加入から半年を経た印象やスタジアムの雰囲気を語った。クラブの公式HPが伝えている。
 香川はクラブの印象について、「経験豊富で、有名な選手が多く在籍し、一緒にトレーニングできるというのは、自分にとって本当に素晴らしい環境だなと毎日感じています。同時に、ビッククラブだけに結果を求められている中で、結果を残すということは、まだまだ結果が出せていないので、悔しいところもたくさんあるので、早く結果を出せるように、日々ハードワークをしていますね」と明かして、チーム力にも言及した。

「逆転する力は簡単につくものではないので、そう言う意味では色んな経験や経験豊富な選手が多いので、負けていても冷静に試合を運べるメンタリティーはチームにあるのかなと思います。特に今シーズンは逆転勝利が多いですね。簡単に見えるかもしれませんが、逆転勝利の難しさはドルトムント時代からの経験でよく知っています。チームの伝統や経験豊富な選手がいることで先制されても慌てずに、1点を取ってから追加点を取るときなどの波状攻撃も含めて、チームとしての強さを感じます」

 また、ホームスタジアムのオールド・トラッフォードに関しては、「加入してから感じるのは、サポーターの声援やスタジアムの雰囲気が力になるということですね。けがをしてベンチから見ている時もそうだったんですが、例えば0−1で負けていて、追いついた際にサポーターが作り出す雰囲気というのは、明らかにチームを勢いづけ、2点目がすぐにでも入るんじゃないかという気持ちになる。スタジアムの一体感はすごいですからね」とコメント。サポーターの後押しを称賛した。

 香川は今シーズン開幕前、ドルトムントからマンチェスター・Uに加入。リーグ戦では第23節終了時点で、10試合に出場して2ゴールを挙げている。

香川ちゃん、結果出してね!頑張れ!!!


ホーム RSS購読 サイトマップ