趣味やスポーツについて語ろう

問題だらけの日本スポーツ界……古い組織を変えるのは“非連続性”だ

問題だらけの日本スポーツ界……古い組織を変えるのは“非連続性”だ

いま、日本のスポーツ界は岐路に立っている。

 

 横綱による暴力事件に揺れた相撲界。指導者によるパワハラ行為が明るみに出たレスリング界。そして、大学定期戦での悪質なタックルに端を発して大騒動に発展しているアメリカンフットボール界……。今か中の体操界。。。おかしすぎる

 

 サッカーでは日本代表監督を解任されたハリルホジッチ氏が日本サッカー協会を提訴する事態となり、バドミントンでも選手の所属先移籍をめぐるトラブルが報じられた。

 

DeNAベイスターズ前社長が語る「日本スポーツの問題点」
 こうした現状に対し「組織に問題がある」と指摘するのは、池田純氏だ。

 

 

 横浜DeNAベイスターズの前社長として、球団の業績を24億円の赤字から黒字化へと導いた実績を持つ池田氏は現在、『Number Sports Business College(NSBC)』の学長を務める。NSBCは2期目を迎え、登壇したゲストは30名近い。スポーツ界のキーマンとの対話を重ねる中で浮かび上がってきたのが、協会や連盟、あるいは企業や大学といった「組織」に大きな問題点が潜んでいるという気づきだった。

 

「いま、いろいろな競技で問題が起きていますが、その根本には構造的な問題があるのではないかと思います。特に、上層部にいるのが利害関係者だという点ですね。たとえば外からやってきた若い人のように、利害関係がない人は『ファンや世の中が何を求めているか』という目線で運営することができる。

 

 でも利害関係者がトップにいると、忖度が生まれたり、意思決定が既存の業界寄りのものになってしまいます。プロ野球の球団に親会社がいるのも同じ構図。試合中継のあり方をとってみても、ファンにとってより利便性のあるサービスが提供できるはずなのに、親会社との利害関係の中で放映権の扱いにはさまざまな制限がかかってくる。要はアジェンダが変わってきてしまうんです」

 

出典 http://bunshun.jp/articles/-/7523


ホーム RSS購読 サイトマップ