趣味やスポーツについて語ろう

<五輪フィギュア>羽生「逆境は強くなるために必要な道」

<五輪フィギュア>羽生「逆境は強くなるために必要な道」

羽生は昨年11月のNHK杯で右足首を負傷し、ぶっつけで本番に臨んでいる。試練と向き合っているが、その状況を楽しんでいる。

 

【羽生の4回転サルコウ】16枚の写真を合成してみると…

 

 羽生は逆境が好きだ。「自分の弱さが見えた時は、自分が強くなりたいという意志がある時。だからこそ強くなりたいんだなと思って一生懸命練習して頑張っている」と持論を語る。

 

 2014年ソチ五輪で金メダルを獲得した後には選手生命に影響を与えかねない出来事もあった。同年11月の中国杯。フリーの演技直前の6分間練習で他の選手と激突し、流血した。頭部に包帯を巻いて強行出場し、5度も転倒しながら最後まで滑りきった。

 

 その後は練習などで他の選手が近くを滑ると恐怖感に襲われた。中国杯から約3週間後のNHK杯に出場した際は、それが顕著だった。だが、向き合って克服するしかない。コンディションが万全でないなか、滑りきったが、結果は4位。試合後は控室からしばらく出てこず、涙をこぼした。傷が癒えないうちに出場したことは賛否両論を巻き起こしたが、それは強くなるために必要な道だったと信じている。

 

 この年は12月の全日本選手権で3連覇を果たした後、中国杯の頃から断続的に痛みがあった腹部の手術も経験。厳しいことが続いたが「自分ではどうしようもないところがあったし、乗り越えなきゃと思った」。翌年3月の世界選手権で復活し、2位に入った。

 

 その後も度々、けがに見舞われても克服し、戦い続けてきた。こうした経験を経るごとに、また一歩強くなる。約3カ月のブランクから復帰したばかりで挑む今回の五輪も当然、乗り越えられると信じている。【福田智沙】

 

金メダルおめでとうございます。頑張りましたね。流石です。

 

歩夢君もおめでとう。4年間やなことばかりだと言ってましたね。

 

オリンピック目指せるだけで幸せな環境ではあるけれど、金銭的に夢をあきらめた人はいるし、
でも、てっぺん目指すことの大きな犠牲もあるんだね。おめでとうございます。


ホーム RSS購読 サイトマップ