投手パフォーマンスライン

投手パフォーマンスライン〜投手の故障再発防止プログラム〜

投手パフォーマンスライン〜投手の故障再発防止プログラム〜

先日、第1回となるアジアプロ野球チャンピオンシップが行われ、日本の優勝で幕を下ろしました。

 

初戦の韓国戦では、西川龍馬選手の盗塁など機動力。

 

そして、優勝を決めた最終試合は、完封と、特に投手の力が印象的でしたね。

 

この大会は、出場資格が24歳以下と決められています。

 

そんな成長過程の選手が最も注意していることが、故障です。

 

程度によっては、選手生命に関わることがあります。

 

 

もちろん、これはプロ選手だけではなく、一般の選手にも当てはまります。

 

軽度の怪我や故障でも、パフォーマンスがガクッと下がったり、ぶり返すことがあります。

 

「故障と無縁でいたい」

 

「ピッチングのフォームの欠陥を見つけたい」

 

そう考える投手に是非活用いただきたいのが

 

投手パフォーマンスライン〜投手の故障再発防止プログラム〜【元メジャーリーグトレーナー高嶋誠 監修】

 

 

野球は、ご存知の通り、日本で大変人気の高いスポーツです。

 

野球を続けたいのに、怪我の再発が怖くて練習に精を出せない野球少年も多いです。

 

「登板した夜になると、いつも肘の内側に痛みがでてくる」

 

「もうクセになってしまっているのだろうか?」

 

「もう一度別の整形外科に通ってみようかな・・?」

 

「投球フォームを直す努力はしているが、改善が無い・・・」

 

 

そのように悩む少年を、一人でも多く減らしたい。

 

あなたが、その子の親なら・・・手を差し伸べたいと思いませんか?

 

 

そんな子を持つ親御さんに向けて、ご紹介させてください。

 

 

 

一度苦痛を経験し少し改善はしているけど・・・二度と同じ思いをしたくない選手。

 

そんな選手や指導者の、注意を集め、彼らの不安を解消してあげるのが

 

この教材制作の目的でした。

 

 

少しでも多くの投手たちが、あきらめることなく故障を再発させずにピッチングを継続できるよう、心から願っています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ