趣味やスポーツについて語ろう

対戦相手がこぞって感服。今季の中村俊輔は「ここが違う」

対戦相手がこぞって感服。今季の中村俊輔は「ここが違う」

Jリーグ第28節を終え、首位サンフレッチェ広島と勝ち点53で並んで2位と、タイトル奪取に向けて好位置をキープしている横浜F・マリノス。その原動力となっているのは、間違いなく中村俊輔だ。第26節(9月21日)では、F・マリノスに敗れた清水エスパルスのゴトビ監督が、試合後の会見で「なぜ、中村俊輔は日本代表に呼ばれないのか?」と語ったほど、圧倒的な存在感を放っている。

 

 攻撃では、相手の急所をついた精度の高いパスで決定機を演出。直接FKを含めて自らチャンスをモノにすることも多く、今季はすでに自身のJ最多得点数(1998年)に並ぶ9ゴールを記録(10月7日現在)している。さらに守備でも精力的に動き回って奮闘。敵の攻撃の芽をことごとく摘んで、チームの勝利に貢献している。『キックオフF・マリノス』(テレビ神奈川/毎週金曜日22:00〜22:30)のMCを務め、解説者として活躍しているF・マリノスのOB・鈴木正治氏も、そんな中村の活躍ぶりに目を見張る。

 

「誰が見てもわかるように、今季の俊輔はとにかくコンディションがいい。体のケアをしっかりしていて、ずっと悩まされてきた股関節痛などの不安もない様子。だから、本当によく体が動いていて、守備では誰よりも走っている。球際も強くて、ピッチに倒れることがほとんどない。逆に相手を倒して、振り切ってしまう強さがある。また、第21節(8月17日)のFC東京戦では、試合終了間際に相手ゴール前で3回ほど切り返して敵DF陣を翻弄。最後は強烈なシュートを左サイドネットに突き刺した。それだけのスタミナが最後まで残っているのには驚かされた。しかも夏場のことだからね。筋力、体力ともに充実している証拠。それらすべては、コンディションの良さからきていると思う」

 

 鈴木氏が称えるとおり、外から見ていると、今季の中村の動きは際立っている。キレが良く、昨季までとは明らかに違って見える。

 

 では、実際に対戦した選手たちはどう感じているのだろうか。各チームの選手に尋ねてみると、その第一声は誰もが同じ回答だった。

 

「ずっとすごい選手だったし、(今季になって)特別に何かが変わった印象はない」(ジュビロ磐田・MF山田大記)

 

「もともと素晴らしい選手。(F・マリノスと)対戦するときは、まず抑えなければいけない選手であることは、誰もがわかっていること。相手チームにとっては、常に怖い選手です」(セレッソ大阪・MF山口螢)

 

 そうした言葉に同意して、鹿島アントラーズのMF小笠原満男はこう付け加えた。

 

「本人は『変わった』なんて、言ってほしくないんじゃないかな。(中村のことを)周りがどうこう評価するのもおかしな話で、もともと能力のある選手なわけだし、(中村自身は)毎年同じつもりでプレイしていると思うよ」

 

 それでも、さらに突っ込んで話を聞いてみると、今季になって中村の凄みが増したと、肌で感じている選手は少なくなかった。アントラーズのDF青木剛が語る。

 

「ウチも今季は俊輔さんにやられているイメージが強いし、客観的に見て(今季は)調子がいいと思う。他のチームの選手たちからも『今年の俊輔さんは怖い』という声をよく聞きます」

 

 やはり、今季の中村は昨季までとは違う。少なからず"変化"し、35歳という年齢を迎えながらも、今なおスケールアップしているのだ。そんな中村の"変化"について、最も多かった意見は、解説者の鈴木氏同様、コンディションの良さだった。

 

「すごくコンディションがいいみたいで、昨年よりも運動量が上がっているように感じました。要所、要所で長い距離を走ったりしていて、改めてすごい選手だな、と思いましたね」(セレッソ・DF藤本康太)

 

「3年ぶりぐらいで対戦しましたけど、(今季は)すごく動けている。夏の試合でも最後まで(運動量が)衰えることがなかった。そのうえで、しなやかさもあって、自分の近くをすり抜けていく感じでした」(エスパルス・MF本田拓也)

 

 コンディションがいいから、よく動ける中村。それが今季は、チームの攻撃と守備両面で存分に生かされている。ゆえに、対戦相手の多くが中村のプレイに翻弄されてきた。

 

「中村選手はポジションがあってないようなものだから、いろんなところに顔を出してくる。そこから、パスだったり、ドリブルだったり、シュートだったり、すべて高い次元で仕掛けてくるので、相手にとってはたまらない」(セレッソ・山口)

 

「とにかく(中村は)ボールを失わずにキープできる。そこでタメができるから、周りの選手が上がる時間ができて、攻撃に厚みがある。そのうえで、前線に出すパスの精度が半端ないレベルの高さ。そこが(F・マリノスの)武器になっている」(ジュビロ・DF藤田義明)

 

 エスパルスのMF村松大輔は、中村の守備力に屈したという。

 

「(今季は)特に運動量が豊富で守備でもがんばっているような気がします。その意識は昨年以上ではないでしょうか。加えて、競り合いでも強かった。相手選手へのブロックの仕方、体の入れ方がうまくて、自分が(ボールを争って)食らいついていったときも、足でブロックするのがうまくて(ボールを)奪える感じがまったくしなかった。その点に関しては、Jでは別格だと思う」

 

 また、中村が昨年とは違って見えるのは、「周囲との関係が良くなったから」(ジュビロ・山田)という意見もあった。FC東京のDF徳永悠平はこう語る。

 

「中村選手は今季、自由に、好きなように動いている印象があります。それができるのも、周りに賢くて、気を使える選手がそろっているから。例えば、中村選手がボールを持ったとき、周囲の選手が瞬時に前線に飛び出してくる。一方で、中村選手もチーム全体でリズムを作ろうとする姿勢が一段と強くなっていると思います。試合中でも、受け手と出し手の関係などを周りの選手に説いて、いろいろなことを要求する声を随分と出していました。そうやって、中村選手を中心に、今年のF・マリノスは『チームのために』という意識が非常に高くて、戦術がかみ合っている。ゆえに、中村選手の"すごさ"が一層光っていて、周りを生かすプレイにも迫力が増しているんだと思います」

 

 何はともあれ、今季の中村は各チームの選手が最も恐れる存在で、屈指の活躍を見せていることは間違いない。アントラーズの若きボランチ柴崎岳が言う。

 

「今年の俊輔さんはよりフリーマンというか、いろいろなところにいる感じがして、本当につかみどころがない。1対1の場面でもうまくプレイしていて、自分が対峙したときも、ガーッて(チェックに)行ったら、軽くいなされた。ゴールへ直結するプレイの精度もすごく高くて、今季はどこのチームが優勝しても、MVPは俊輔さんだと思っている」

 

 今や、Jリーガーで最高の輝きを放っている中村。F・マリノスを王者に導くことになれば、日本代表入りを待望する声がますます大きくなるかもしれない。

 

さすが俊輔ちゃん。是非、日本代表に!!!


ホーム RSS購読 サイトマップ