趣味やスポーツについて語ろう

亀田興毅のボクシングはなぜつまらないのか

亀田興毅のボクシングはなぜつまらないのか

WBAバンタム級王者の亀田興毅選手が同級3位のフィリピン人選手と2013年7月23日に対戦し、2度のダウンを奪うなどして3−0の判定で破り7度目の防衛を果たした。

 

ただし、試合の中身については「相変わらず面白くない」「相手が弱すぎた」などと不満が強く、「こんな試合しかできないならもう引退すべきだ」といった意見まで出ている。

 

「最強」の対戦相手が緊張感なし、軽いパンチで2度のダウン
前回のタイトルマッチもさえなかった。WBA世界バンタム級8位の挑戦者パノムルンレック・カイヤンハーダオジム選手に2-1の判定で6度目の防衛を果たしたが、判定がおかしいのではないかと騒動になった。

 

亀田選手も分っていたようで、試合終了後のリング上で土下座し、インタビューでも「こんな試合をするなら引退したほうがまし」などと語っていた。それだけに次の防衛戦に対する意気込みは違ったようで、トレーニングメニューを見直し、「一番強いやつと戦いたい」とジョン・マーク・アポリナリオ(23)選手が対戦相手に決まった。

 

自身が「生まれ変わった」と宣言した割には、試合が始まるとガードを固め、カウンター狙いなのかパンチをあまり出さず、打っては下がるスタイル。連打を出してもポコポコと威力がなく、以前と同じようなスタイルだった。また、「最強」と宣伝していた対戦相手も緊張感が感じられず、手数も少なく、それほど強力ではなかったパンチで2度ダウンした。

 

ネットでは、

 

「興毅のボクシングスタイルがとてもつまらない」
「こいつ等のやっている事はボクシングではない」
「さすが世界3位!!!感動しました!!手を出さないボクシング、わざとらしいダウン、気迫のない打ち合い」
などといった厳しい批判がネット上に出た。また、ボクシング中継中にアナウンサーが、亀田選手が今回の防衛戦に向けて練習を始めたものの弟の大毅選手、和毅選手に付いていくのがやっとだったと説明したこともあってか、

 

「全く盛り上がらないし、もう引退しろや」
などといった意見まで出ている。

 

ボクシングファンが見たいのは本当に強い選手同士の試合
亀田選手の戦い方をどうみるか、スポーツジャーナリストの菅谷齊さんに「今後」を聞いてみた。

 

「今のボクシング業界はカネが稼げるうちは使い切るだけ使い切る、という考えのため引退は当分ないでしょうし、これからも似たような試合が続くと思います」
なぜ亀田選手の試合が面白くないのかについては、負けるかもしれない、本当に強い選手を連れてこないからだと指摘する。今回の相手は世界3位だが、上り調子の3位と下り坂の3位では雲泥の差がある。

 

「亀田選手は作られたチャンピオンだと言えますし、これまでも対戦相手を巧みに選んで勝利を獲得してきたようにもみえます。プロモーターに対しては見事だ、と賞賛せざるを得ない」
ただし「勝てる相手を選んでいる」というのは亀田選手に限った事ではなく、ボクシングはビジネスだからどのジムもやっていることなのだという。菅谷さんによればこうした日本ボクシング界のやり方がボクシングファンを減らし、スポーツマスコミも離れていくことになった原因なのだという。

 

ボクシングファンが見たいのは本当に強い選手同士の試合で、それに日本のボクシング界は答えていない、と警鐘を鳴らしている。

 

・・・確かに、本当につまらない。何が浪速の闘犬だよ。試合中は別人になっちゃうのかね。。。


ホーム RSS購読 サイトマップ